離婚協議書・公正証書作成(養育費・慰謝料・財産分与 等)の相談と手続
  大阪府東大阪市 細川行政書士事務所

 Grass Field        大阪府 細川行政書士事務所
   後悔しない離婚のための相談と手続
離婚 協議書 大阪府 細川行政書士事務所

お問合せ

お問合せフォーム
個人情報保護に配慮し、当フォームは、SSL機能を有しております。
お客様にご記入いただいた内容については、暗号化され送信されます。(日本ベリサイン社の電子証明書を採用しています。)
TEL
072(988)4686
月〜金曜日 9時〜19時
FAX
020(4664)9727
24時間受付けております
サブメニュー


Yahoo! JAPAN


spc


Google
雑記帳1  

Q1.うつ病の妻と離婚したい。
うつ病になり、家事、育児のできない妻と離婚することはできるでしょうか?

A1.
家事や育児ができないということだけでは、離婚についての協議・調停が整わず、裁判になった場合、離婚原因として認められるかどうかは、一概には判断できません。まず、うつ病の発病からの期間、経過、回復の見込みがあるのかどうかが問題となるでしょう。また、離婚後の療養、生活等につき補償などにより、ある程度見込みがついている必要があります。このように様々な事情が考慮された上で、離婚を認めるべきか否か判断されます。 また、回復の見込みがあるかどうかは、精神科医の鑑定をもとに、裁判所が判断することになっています。
なお、上記のように離婚に精神上の障害が関連する場合で、「調停」を行うケースでは、調停に医務室技官(精神科医)や調査官が同席するケースもあります。



                                 


Q2.妻が、不倫相手の子どもを妊娠した。この子どもの父親は
  誰になるのか?


A2.
妻が婚姻中に懐胎した子どもは、夫の子と推定され、出生届を出せば、夫婦の間の子として戸籍に記載されることになります。

夫の側から自分の子であることを否定するには、出生届提出後、「嫡出否認の訴え」を家庭裁判所に行うことになります。この訴えが認められた後、子の籍の父の欄の名前が抹消され(取り消し線が引かれ)ます。
上記以外の方法として、出生届提出前に、子ども(法定代理人として母)から、夫を相手に「親子関係不存在確認の訴え」を起こす方法があります。この審判を得た後、審判書を添え、出生届を提出すると、子の籍の父親欄は空白になります。なお親子関係不存在確認では、夫の協力が必ず必要となります。また期間が早くて3・4ヶ月要します。


< トピックス>
離婚後妊娠の救済(再婚後の夫の子記載)平成19年5月21日以降の出生届から適用

平成19年5月21日以降に届け出る出生届については、離婚後300日以内に生まれた子について、妊娠したことが離婚後であることを証明(医師の証明書添付)すれば、「再婚後の夫の子」又は「(父親欄空白)非嫡出子」として受理することになりました。

ただし、すでに前夫の子として出生届が受理されている場合には、従来どおり裁判手続を経て、戸籍訂正が必要。



                                  

Q3.結婚後1年で、離婚することに。夫から結納を返せといわれた。
  返す必要はあるのか?


A3.
判例では、結納の法的性質について「婚約の成立を確証し、婚姻が成立した場合に当事者ないし当事者両家間の情誼を厚くする目的で授受される一種の贈与」(最高裁判所昭和39年)としています。つまり、「婚姻の成立を最終目的してやり取りされる贈与」という捉え方ができます。
質問の場合、挙式後1年間夫婦生活を続け、法律上の婚姻が成立していると考えられるため、妻には結納を返還すべき義務はないと思われます。(参考:最高裁 昭39.9.4)

ただし、婚姻後、短期間での離婚については、次のような判例もあります。また、婚姻解消の責任との関係で考える必要があります。
挙式後2ヶ月、事実上の夫婦関係を継続した事案では、婚姻関係が成立しても、その期間が比較的短く、しかも夫婦間の融和を欠き、相互の情誼を厚くするに至らなかったと判断し、結納の返還義務がある(大阪地裁昭10.10.15)。つまり、婚姻の届出をして法律上の婚姻が成立しても、実質的な夫婦共同生活が営まれていない場合には、事情により結納の返還が認められます。


Q4.離婚した夫が勝手に家に入って、物を壊した。

A3.
一概に言えない部分がありますが、神戸地裁で以下の判決がありましたので、参考としてください。
(⇒平成21年1月8日 神戸地裁 平成20(わ)1136号 住居侵入、器物損壊被告事件)

(事例)
被告人(元夫)は,正当な理由がないのに,元妻宅の無施錠の玄関ドアから侵入し,部屋にあった掛け布団1枚(時価約1万円相当)をライターで焼き,損壊した。

(判決)懲役10ヶ月 執行猶予4年

(事実認定:住居侵入について)
・被告人(元夫)と被害者(妻)は,離婚後別居した後も、妻は,元夫宅に赴きその世話をするなどしていた。(1、2回)
・妻は元夫に自己の住居へ立ち入っていいとは言っていなかった。
・元夫もこれまで妻に無断で妻方に立ち入ったことはなかった。
・妻は,離婚後の元夫との付合いについて夫婦同然であると思っていない。


<以下 判決文一部抜粋、修正>
 本件住居侵入は,元夫が、妻が自分のお金を取ったと思い込み,これを問い質すために相当立腹して元妻宅に行き,たまたま玄関が施錠されていなかったことから,勝手に上がり込んだというもの。
 被害者は,裁判の中において,被告人は酒に酔うと人が変わり,そのような被告人には自宅に立ち入ってほしくない旨を述べている。
 これは,自分に迷惑をかけない平素の温和な被告人であればいいが,自分に迷惑をかけるような状態になっている場合には自宅へ立ち入ってほしくない旨を表明しているものと解釈される。
 そうすると,前記のように立腹した状態の被告人が被害者方に立ち入ることを被害者が黙示的に許していたものとは考えられない。
 被告人は,被害者方に立ち入るについて正当な理由(お金の詐取について問いただす)があるように思っている節があるが,これが,被害者が承諾していないにもかかわらず,被害者方に無断で立ち入るについての正当な理由とならない。
 また,被告人は,被害者から自宅に立ち入っていいと聞いたことがなく,鍵を預かっていたわけでもないし,これまで被害者に無断で同人方に立ち入ったこともなかったのであって,被告人がそのような事情を認識していた以上,住居侵入罪の故意も認められる。

(量刑の理由 一部抜粋 修正)
被告人は、過去に犯した罪から懲役1年執行猶予3年の判決を受け、十分自重した生活をすべきであったのに,自分の身の回りをよく確かめもせずに,元妻が被告人の金員を盗んだものと思い込み,立ち入ることを承諾され
ていたものでないのに,勝手に元妻方に侵入した後,腹いせに布団を燃やしてやろうと決意して本件各犯行に及んだものであって,犯行に至る経緯や動機に酌むべき点は何らなく,室内で布団に火を付けるなど態様は悪質であり,結果も軽視できない。それらの諸点に照らすと,被告人の刑事責任は相当重い。

※その他、住居不法侵入に問われたケースとして以下の判例があります。

◆夫の不在中、妻と姦通する目的でその住居に立ち入った男性に対し、あらかじめその妻の了承を得ていても、住居権者である夫の意思に反するから、住居不法侵入にあたる。(大判 大正7年12月6日)

◆家出中の子が実父の家に強盗目的で、共犯者3名を連れ深夜侵入する行為は、住居不法侵入にあたる。
(最高裁 昭和23年11月25日)

※刑法130条
正当な理由がないのに、人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物若しくは艦船に侵入し、又は要求を受けたにもかかわらずこれらの場所から退去しなかったものは、3年以下の懲役又は10万円以下の罰金に処する。


当事務所では「離婚協議書の作成」をはじめ、離婚をとりまく手続のサポート、アドバイスを行っております。
あなたのお話をまずお聞かせください。誠心誠意で対応させていただきます。

当事務所の取扱業務
離婚協議書の相談と作成 公正証書の作成
内容証明、示談書等作成 公共機関手続の相談・代行
その他上記に付随する業務


                                  


 トップ |  事務所案内 |  料金 |  お問合せ |  リンク | サイトマップ
Copyright(C)2006 ほそかわ行政書士事務所 All Rights Reserved.

<免責事項>当サイトが提供する情報には、万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。又、法令等に基づく一般的な情報を掲載しており、個別具体的な事案にあてはまらない場合があります。万一、如何なる損害が発生しましても、当方では責任を負いかねます。当サイトの情報をご利用の際は、ご自身で判断されますようお願いいたします。


細川行政書士事務所

日本行政書士連合会登録05261202号 大阪府行政書士会所属
申請取次行政書士 細川 政信

大阪府東大阪市本町10番19号
TEL:072−988−4686
FAX:020−4664−9727



訪問対応地域(交通費無料地域):
 東大阪市・八尾市・大東市・生駒市中心部・奈良市中心部

訪問対応地域(交通費有料地域):
 大阪市内全域・池田市・豊中市・吹田市・茨木市・摂津市・高槻市・枚方市・交野市・寝屋川市・守口市・門真市・四條畷市・柏原市・藤井寺市・松原市・羽曳野市・富田林市・河内長野市・堺市・高石市・泉大津市・生駒市・生駒郡・奈良市・大和郡山市・香芝市・大和高田市・京都市・尼崎市・西宮市・宝塚市・神戸市


上記以外の地域については、お問合せください。
メール相談については、全国対応いたしております。